LAN接続DA出力、音響/振動計測モジュール対応、音響/振動計測解析ソフトウエア LabdaqVibration


本音響/振動特性解析ソフトウエアLabdaqVibrationは、PCにLAN経由接続されたDA出力モジュール、および音響/振動計測モジュールを使用し、試験対象の音響/振動特性を計測解析するシステムです。

 

DAから任意波形を加振装置に出力しながら、加速度ピックアップセンサーの計測データ、ロードセルの計測データ、また電圧を収録することができます。

 

 加速度、ロードセル、電圧を混在して、同時にまた同期しての計測が可能です。

 CompactDaqシャーシーは最大8モジュールまで搭載可能です。

 


計測ハードウエア構成



計測ハードウエアは日本ナショナルインスツルメンツ社の以下の製品を使用します。

 

CompactDaqシャーシー cDAQ-9189

 8スロット、TSN-有効Ethernet CompactDAQシャーシー

 

Cシリーズ電圧出力モジュール NI-9263

 4AO、±10V、16ビット、100kS/s/ch(同時), ネジ留め式端子またはバネ端子の接続

 NI 9263 は、CompactDAQ および CompactRIO システム用のアナログ出力モジュールです。

 ±30 V の過電圧保護、短絡保護、低クロストーク、高速スルーレート、高い相対確度、

 および NIST トレーサブルな校正も装備されています。NI 9263 モジュールは、

 チャンネル/アース間に安全対策およびノイズイミュニティのために、二重絶縁されています。

 

Cシリーズ音響/振動入力モジュール NI-9234

 CompactDAQおよびCompactRIOシステムの音響/振動計測アプリケーション向けに、

 ダイナミック信号の収集機能を提供します。

 Cシリーズ音響/振動入力モジュールは、ソフトウェアでON/OFFの選択が可能なAC/DCカプリング、

 IEPE開放/短絡検出機能、およびIEPE信号調節機能を内蔵しています。

 入力チャンネルは同時サンプリングで信号を計測します。

 各チャンネルには、サンプリングレートに対して自動的に調整するアンチエイリアスフィルタも

 搭載されています。

 また、スマートなTEDSセンサにも対応します。

 


DA出力波形は外部ファイルからの任意波形の読み込みも対応しています

収録データ計測画面

最大8個のモジュールが接続可能です。

加速度センサー接続時の設定画面

ロードセルセンサー接続時の設定画面

電圧計測時の設定画面

収録サンプリングレートの設定画面

計測完了後の計測データ自動保存設定画面、CSVテキスト,matlab等各種のフォーマットで保存できます。


価格、仕様

Windows7,8,10 32/64bit対応

 音響/振動計測ソフトウエア LabdaqVibration  ¥ 700,000(税別)

 

 対応デバイス

  LAN接続CompactDaqシャーシー cDAQ-9189 最大8モジュールまで対応

  Cシリーズ電圧出力モジュール NI-9263

  Cシリーズ音響/振動入力モジュール NI-9234