DA出力PyThonモジュール


本DA出力Pythonモジュール、K01DAZ-PyModuleは、PCにUSB経由接続されたDAユニットに対して、

Pythonプログラム上で、電圧出力、波形出力、デジタル入出力機能を提供するものです。

以下タートル工業社のDAユニットに対応しています。

 

   品番       分解能     速度    出力電圧    ch数   メモリ

   TUSB-K01DAZ     14bit      20kHz    ±2.5V        1      4kW

 

高価な専用計測ソフトも必要なく、無料のPythonから、電圧出力、波形出力、DIO出力が可能となります。Pythonでは多くの無料の分析ソフト、その他ライブラリも提供されています。

 

使用例として、DAから加振器に任意波形を出力しながら、計測が可能となります。

また、Pythonの、機械学習,Deep Learningのライブラリを使用し、機器の振動異常のAI予測等が可能なります。

 

 

 モジュールには初期化、デバイスオープン、デバイスクローズ、DA出力、波形出力、デジタル入出力等の関数が収められています。 

 


価格、動作環境


Windows7,8,10 32/64bit .Net FrameWork 4.5

¥90,000(税別)


PYTHONプログラム


左リストのようにclrをインポートします

 

PyModule の呼び出し手順は

インスタンスの作成

labDa = LabdaqDa()

 

モジュールの初期化

ret = labDa.Initial(osmode)

osmodeは、タートル工業ドライバの32bit版をご使用の場合は0、64bit版をご使用の場合は1

指定します。

 

デバイスのオープン

ret = labDa.OpenDa(Id)

使用するデバイスのId0-15の範囲で指定します。IdDAユニットの背面にあります。

 

              

DA電圧出力処理

DA波形出力処理

デジタル入出力処理等

             

 

デバイスのクローズ

labDa.CloseDa(Id)

 

モジュールの開放

labDa.Terminate()

 

上記が基本の手順です、特に、デバイスのクローズ、モジュールの開放の終了処理

をしないで、プログラムを終了すると次回、起動しない場合があります。

この場合、一度、DAユニットをPCから切り離してください。終了処理は必須です。