PC計測解析ソフトウェア LaBDAQ5-CTの機能


 

複数計測デバイスの同期計測対応

  • LaBDAQ5では同期制御機能対応の計測デバイスで最大8ユニットまでの同期計測が可能です。32チャンネルの計測デバイスであれば、最大256チャンネルの計測が可能です。また同期制御機能を持たない計測デバイスにおいても、複数同時計測が可能です。この場合サンプリングクロックは非同期ですが、指定ユニット数の計測デバイスを同時に計測スタートさせることができます。

  計測中のリアルタイム波形表示の高速レスポンス

  • LaBDAQ5では、デジタル表示パネル、グラフ表示パネル、リスト表示パネルいずれも、違和感なく瞬時に反応します。無償評価版が提供されていますので、ぜひご体験下さい。

 計測中のイベント入力対応

  • 1日、1週間、1か月等長期の計測において、計測中に起きた事象、イベントを波形上にメモとして残し、計測完了後、波形と同時にこの事象、イベントを表示確認したい場合があります。LaBDAQ5では計測中A-Zのキーでイベントの入力ができます。また事前に、このイベント名称も希望名に設定できます。

  計測中の計測中断・再開

  • LaBDAQ5では計測中、いつでも中断できます。中断中でも、デジタル表示はリアルタイムに表示を続けます。再開で、グラフ波形表示も再開します。

 解析ソフトウェアMatlab形式計測データ保存機能

  • LaBDAQ5では独自のLaBDAQ5形式、エクセル等で読み込み可能なテキスト形式に加えて、解析ソフトウエアMatlab形式の単精度、倍精度形式で保存が可能です。

  スケーリング・単位変換

  • LaBDAQ5では計測ツールメニューにスケーリングが用意されています。単位の設定、変換式(一次式)の設定が可能で、リアルタイム変換ができます。

  ソフトウェアトリガ機能

  • LaBDAQ5では計測条件設定で即スタート、ハードウエアトリガスタートに加え、ソフトウエアトリガスタートも使用できます。任意チャンネルの任意レベルのAND,OR条件でトリガスタートが可能です。

 その他機能

  • Max256個の同時表示計測ウインドウ
  • Max1024チャンネルの計測データ処理
  • シングル計測、リピート計測、インターバル計測モード対応
  • グラフ表示パネルに加え、デジタル表示パネル、スクロールアップリスト表示パネルを追加
  • カーソルスクロール、ジャンプ機能による波形数値、直読機能
  • 指定条件によるアラーム発生機能、および指定アドレスへのメール送信機能
  • 指定インターバル時間での定時メール送信による監視機能

 

対応デバイス


  • ADA16-32/2(CB)F
  • ADA16-32/2(PCI)F
  • ADA16-8/2(CB)L
  • AI-1608AY-USB
  • AIO-163202F-PE
  • AIO-163202FX-USB  
  • AI-1616LI-PE
  • AI-1204Z-PCI
  • AI-1664LAX-USB
  • AIO-121602LN-USB
  • AIO-121601E3-PE

バージョンと価格(税別)


スタンダート版

  • LaBDAQ5-CT  ¥78,000 Windows7,8,10 32/64bit対応

最大8個の複数計測デバイスの同時計測対応版

  • LaBDAQ5-CT Multi  ¥180,000 Windows7,8,10 32/64bit対応

最大8個の複数計測デバイスの同期計測対応版

  • LaBDAQ5-CT Sync ¥280,000 Windows7,8,10 32/64bit対応