2020/3/16

LaBDAQが渦電流探傷データ計測に対応しました。


本システムは、8チャンネルADユニットから入力された計測データを4つのXY計測データセットとして取り扱い、XY計測データの時間グラフ、XY計測データのリサージュグラフを表示するシステムです。

計測データは自動保存されます。これら8チャンネルデータはECTアスワン計測器の8チャンネルBNC出力から入力されます。

 

スタート/ストップSWにより、ECTアスワン計測器、および本計測器に、同時にスタート、ストップがかかります。

 

システムの構成は以下となります。

本渦電流計測ソフトウエアがインストールされたノートパソコンと、従来のECTアスワン計測ソフトウエアがインストールされたノートパソコンがUSB経由で各計測機器に接続されます。ECTアスワン計測器のBNCチャート出力8チャンネルが本システムのADボックスの8チャンネルに入力、接続されます。


2019/9/24

Pythonに計測制御機能を追加


Windows上、PythonからAD計測、DA出力、DIO入出力が可能となるPythonモジュールの販売を開始しました。

対応ADユニットはタートル工業社の以下型番です。

  • TUSB‑1612ADSM‑S2Z  12bit 16ch   0.1V~±10V    max100Ks/秒
  • TUSB‑0412ADSM‑S2Z  12bit 4ch     0.1V~±10V    max100Ks/秒
  • TUSB‑0212ADM2Z        12bit 2ch     0‑2V, ±1V       max50Ms/秒
  • TUSB‑0216ADMZ          16bit 2ch     ±1.25V~10V  max 100Ks/秒
  • TUSB‑0216ADMH         16bit 2ch     0‑2V,±1V         max 25Ms/秒
  • TUSB‑K02ADVZ             12bit 2ch    ±2.5V                max20Ks/秒
  • TUSB-0224ADM             24bit 2ch    ±0.1V~±10V   max256KHz

対応DA、DIOユニットはタートル工業社の以下型番です。

  •  TUSB-K01DAZ     14bit      20kHz    ±2.5V        1      4kW 

高価な専用計測ソフトも必要なく、無料のPythonから、AD計測入力、電圧出力、波形出力、DIO出力が可能となります。Pythonでは多くの無料の分析ソフト、その他ライブラリも提供されています。

 

使用例として、DAから加振器に任意波形を出力しながら、計測が可能となります。

また、Pythonの、機械学習,Deep Learningのライブラリを使用し、機器の振動異常のAI予測等が可能となります。

 

大学様にて稼動中です。

詳細は「製品/サービス」メニューをご参照ください。

 


2019/9/24

音響/振動計測ソフトウエアLabdaqVibration新規発売


この度、日本ナショナルインスツルメンツ社の以下、デバイスに対応しました

音響/振動計測ソフトウエアLabdaqVibrationを新規販売開始しました。

 

CompactDaqシャーシー cDAQ-9189

 8スロット、TSN-有効Ethernet CompactDAQシャーシー

 

Cシリーズ電圧出力モジュール NI-9263

 4AO、±10V、16ビット、100kS/s/ch(同時), ネジ留め式端子またはバネ端子の接続

 

Cシリーズ音響/振動入力モジュール NI-9234

 Cシリーズ音響/振動入力モジュールは、ソフトウェアでON/OFFの選択が可能なAC/DCカプリング、

 IEPE開放/短絡検出機能、およびIEPE信号調節機能を内蔵しています。

 入力チャンネルは同時サンプリングで信号を計測します。

 各チャンネルには、サンプリングレートに対して自動的に調整するアンチエイリアスフィルタも

 搭載されています。

 

システムはLAN接続のコンパクトなシャーシーのスロットにDAQデバイスをセットして構築します。

最大8個のデバイスをセットできます。

 

一般的に、USB経由で複数計測ユニットを接続するケースもありますが、ノートパソコンのUSB供給パワー

不足、最大ケーブル長等で計測システムが不安定となります。

 

本システムはLAN経由で、十分なパワーが供給できるシャーシーのスロットに計測デバイスを

セットするため、信頼性が高い構成となります。

 

またCシリーズ音響/振動入力モジュール NI-9234は、通常電圧計測に加え、加速度センサー、ロードセルが

接続できます。

 

大学様にて稼働中です。

詳細は「製品/サービス」メニューにあります。